ねこのかぞく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ジェミニ on  | 

目がみえないという個性☆

目が見えない猫ちゃんが お散歩する姿や おもちゃで遊ぶ姿が

アップされていて 元気者だったクーニャンのこと 思い出してました



去年の秋

4年間の闘病生活を頑張りぬいたふじこを 見送った頃

クーニャン! って呼んでも ボーっとしているようになり

オムツが必要になってしまい 

今度は クーニャンのお世話かな。。。

と覚悟していた矢先  たった三週間で

まるでに 火が消えるように 逝ってしまいました





オムツなんて 恥ずかしいじゃ~ん

ってからかうと ムッとして こっちを見て(?)いたクーニャン





家を出ている息子たちには

クーニャンがオムツになったよ~

なんか ボケてきちゃったよ~

と その都度 報告していました




ある日 朝 ちゃんとご飯も食べて 歩いていたクーニャンが

突然 倒れ じーっと 横になったままになってしまいました



息子たちが 仕事場から飛んできてくれた時には

クーニャンは ペットシーツの上に横たわっていました



クーニャン オレだよ オレ? わかる? 

と ヒュ~ っと 消え入るような声

クーニャン みんな来てくれたよ わかるよね?


苦しいはずなのに 声を振り絞って 返事してくれて

ほんとに ありがとうね クーニャン





小さいクーニャンが もっと小さくなってしまいました




時々 そばに来たレオ

小次郎が抱っこしてました







そして 朝を迎え






息子たちは それぞれ仕事場に戻っていき

そして これが ほんとに最期のお別れとなりました



。。。。。。。。。。。。。。。

クーニャンは 「とってこい」ができるニャンコでした

アルミホイルを丸めたボールを 投げると 

すごい勢いで追いかけ 咥えて

投げた人のところまで 持ってきてくれます


アルミボールは クーニャンが遊ぶものと決めていたらしく

他の仔たちは ただ まわりで見ているだけ

これも ほんとうに不思議でした


階段の昇り降りも トイレも イスに飛び乗るのも 

なにも 不自由なくこなしていました

居間には テーブルの足が4本 椅子6脚の足で24本

30本の脚があるわけですが おひげセンサーを駆使して

絶対ぶつからないで この間をちゃんとすり抜けて 歩いていたわけです


クーニャンが普通にこなしてしまうので 深く考えもしませんでしたが

実は すごいことだったんですね



他の仔が 体当たりして倒したゴミ箱が 金属製だったので

ガシャ~ンとすごい音を立てたとき

偶然 すぐ横にいたクーニャンが 倒れたゴミ箱と私の顔を交互に見て(?!) は 

私じゃないから!!と 懸命に 訴えてきたときには

わかってるよ、クーニャン!

って 思わず 抱っこしてました^^)



いっぱいの笑顔を 我が家に運んできてくれたクーニャン



クーニャンが 目が見えなかったことは 

ひとつの個性だった 

そんな気がします


~がないから ~できない

な~んてことは 言えない 

ということを 教えてくれました



もうすぐ一年が経とうとしています 

いまでも そーっと どこかから 出てきてくれそうな気がして。。。



☆  ☆  ☆

Category : クーニャン
Posted by ジェミニ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nekonokazoku02.blog.fc2.com/tb.php/225-65802aa6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。