ねこのかぞく

“医は仁術”

ふじこ 元気です

fujiko01.jpg

こんなに 若かったころもあった(笑)

fujiko06.jpg

これは もうバアサンになってから  でも発症前ですね



fujiko02.jpg

最近は こうして テーブルまでこなくなってしまいました


fujiko08.jpg


身体のかさぶたは増えたけど 体重は落ちてないし それなりに元気に暮らしてます


去年の9月から しばらくお休みしていた通院

年明けに 久しぶりに 病院へ行きました

間があいたから 先生にしかられるかな なんて思いながら



待ち合いには ピンクのエプロンをした女性が立っていて おやっと思いましたが

ふじこの傷の処置に 20分ほどかかるということで 待合室で待っていると


横に座っていた女性が このピンクのエプロンの女性に話しかけ。。。


「先生 おいくつでいらしたんですか?」

「ちょうど 50になったところでした」

「お若かったですねぇ」



えっ なんのこと? 私には 何が起こってるのか理解できず

会話を聞いていると。。。

先生は 長年 病気でいらした

頭の毛を さっぱりと剃ってしまったのも 

薬で抜けるまえにさっぱりしちゃおうということだった

そして 10月に体調を崩し そのまま入院 12月末に。。。



何も知らなかった私は ビックリするのと 涙が溢れてくるのと 同時で

なんで どうして

もう ふじこは 先生には診てもらえない

という事実が受け入れられなくて オロオロするばかり


ピンクのエプロンの女性は 先生の奥さまでした

ご主人が 亡くなられてから 2週間ほどしか立っていないはずなのに

ほんとに気丈に対応されていました


娘さんも 獣医さんになられたとのこと

ちゃんと跡継ぎもいるから しっかり病院をまもっていくと


いつも 明るい笑顔で 

不安な気持ちでいっぱいの飼い主たちを励ましてくださった先生


満身創痍のふじこが 食欲はちゃんとあって 体重をキープできていて

先生は いつも 「ふじこちゃん すごい生命力ですねぇ」って

ほんとに 清々しい笑顔でほめてくださってました

その時 どんな気持ちで ほめてくださっていたのか を考えると

申し訳ないような なんとも言えない気持ちになってしまいます



1軒目の獣医さんの縫合手術が失敗 足の穴は塞がらす

2軒目の獣医さんでは 場所が難し過ぎて 手術はできないと

3軒目で アポクリン腺癌と判明 断足ですね と言われ セカンドオピニオンを求め

4軒目で このブログを読んでくださってる方に教えていただいた この先生のところへ行き

初診で 1時間以上も 病状と私のおもいを聞いていただいて

それから 足も切らずに ふじこは 病と闘いながらも平穏に暮らしてきました


今は 何も言葉が見つからず 

でも 先生の遺志を継いでくださってる獣医さんがいる この病院に通います

ふじこは 先生にずっと診てもらいたかったけど

そのおもいは もう叶わないけど

先生の気持ちの深さは 私の心に 温かいものを置いていってくれました

ふじこは これからも 頑張って生きていくので 大丈夫ですよ


”医は仁術”  先生の存在は この言葉を はじめて実感させてもらいました

ほんとうに ありがとうございました


☆  ☆  ☆

Category : ふじこ
Posted by ジェミニ on  | 5 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。